シミが出来る仕組み

シミが出来る仕組み

シミは、なぜ出来てしまうのでしょうか。原因は多様ですが、シミが出来る仕組みは一緒です。紫外線を浴びるなどの外敵要素がメラノサイトと呼ばれる色素形成細胞を刺激して、メラニン色素を生むのがシミの発生につながるのです。

 

メラニン色素は紫外線から守ってくれるために働くのですが、それが過剰になってしまうと部分的に肌が茶色くなってしまいます。色がもともと黒い人はシミが出来にくいのは、紫外線から肌を守ろうとしてメラニン色素が登場する必要がない、あるいは出てきても目立たないのが理由です。

 

皮膚の基底層で生まれるメラニン色素
メラノサイトは真皮層に存在し、メラニン色素を誕生させます。メラニン色素は有棘層、顆粒層、角質層を経て肌表面に上がってきます。表面に出てくると、シミと呼ばれる存在になるのです。

 

こうした肌内部の奥深くからシミのもととなっているメラニン色素は、何度ものターンオーバーを繰り返さないと完全にはなくなりません。ケアしている間にも、紫外線を浴びたり、その他のシミができる行為をしていると、どんどんシミが悪化していくのです。

 

摩擦により、できるシミ
炎症によって発生するシミがあるように、摩擦によって出来るシミがあります。肌は非常にデリケートで、手のひらや指で強めにこするだけでも荒れてしまいます。

 

洗顔やお手入れなどで摩擦しやすい人は、できるだけそっとを心がけてケアするようにしましょう。いずれにしても、色素が沈着してしまうと、肌の再生を繰り返して色素を薄くしていくほかありません。